無能唱元の幸福哲学!潜在意識を活用した願望達成法

FrontPage

無能唱元の幸福哲学!潜在意識を活用した願望達成法

ご利益の館は無能唱元事務所の協力により、誰もが持っている阿頼耶識(アラヤ識)の活用による独自の願望達成法をはじめ、無能唱元の幸福哲学、潜在意識を活用した願望達成法、対人技術(人付き合い)入門、成功術、開運術を紹介しています。運は偶然ではない!きっと貴方にも、奇跡が訪れる。

阿頼耶識とは?

開運術入門!ご利益の館

阿頼耶識(アラヤ識)とは心理学でいうところの潜在意識のことです。阿頼耶識にメッセージを送ったり、イメージを描き始めると、ターゲットの願いが叶えられる前に、まず意識していない他の小さな良いことがたくさん起きてきます。

これはつまり運が良くなってきた証拠です。

ご利益の館の紹介E-BOOK

ご利益の館の紹介E-BOOK(4ページ:PDFファイル)を制作しました。自由にダウンロード出来ますので、宜しければご利用ください。

ご利益の館の紹介E-BOOK

成功法則について

成功術入門にもあるように、ある人の唱えた成功の法則は、大衆のある一部の人々にとっては効き目があるかも知れませんが、他の人々にとっては、全く効き目が無いこともあるのです。この意味では、成功についての秘訣には、「原理」や「法則」の名前を用いるのはふさわしくないのかも知れません。

阿頼耶識(アラヤ識)について

インドにある高い山、ヒマラヤの名前の意味をご存知でしょうか?あれはサンスクリット(古いインド語)でヒマ(雪)と、ラヤ(蔵)、つまり「雪の蔵」という意味なのです。このラヤの上にアの字を付けると、蔵に納める、すなわち貯蔵しておくということになり、「アラヤ」とは記憶の貯蔵庫という意味です。

このアラヤ(アラヤ識ともいう)とは、現代の精神分析学でいう深層意識または潜在意識というものと非常に近い意味を持っております。しかし、現代の潜在意識は、主として人間の心の医療的な面だけの問題として取り上げられているのに対し、このアラヤ識は、人間のあらゆる運命がこれによって形づくられている、というのです。このアラヤ識の特性の一つとして、強く思念された考えは、その中に貯えられ、熟成し、やがて未来に実現してくる、ということがあります。では、ここで、その実例の一つをご紹介しましょう。

S子さんは、アメリカ在住が長かったので英語の堪能なキャリア・ウーマンです。彼女は私に、スポーツカーを長い間欲しがっているのだが、アラヤ識を使って、それを手に入れることは出来ないものか、と尋ねたのです。「スポーツカーといっても、いろいろありますが、どんな車が欲しいのか、まずその車種をきめなければなりません」と私はいいました。「日産の○○が欲しいのです」とS子さんはいいました。そこで私は、「そうですか。では、あなたはまず、その○○のカタログをすぐさま手に入れなさい。そして、その車のグラビアを毎日毎日眺め続けなさい。また、自分の好きな車の色をきめることも必要です。こうして、目をつぶればそのあなたの○○が、ありありとイメージとして心の中に見えてくるようにしなければなりません。

その上に、もし出来たら、その○○に試乗してみることです。そして、そのハンドルの手ざわり、アクセルやブレーキの踏み具合を身体で覚え、それを記憶するのです。そして、瞑想に入り、うっとりとした気分になってきたところで、その○○のイメージを思い浮かべ、実際にそれを運転しているように空想します。これを、何回も繰り返していると、やがて、本当に、その車に乗っているような気分になってきます。このような現実感がイメージの上に加わってきた時、その思念は確実に、あなたのアラヤ識に送り込まれているのです。こうしていれば、やがてあなたは○○を手に入れることになるでしょう」といいました。

その日から一ヶ月もしない内に、私はS子さんから、○○が手に入ったとの報告を受けました。彼女はそれまで二年以上も、○○を欲しがっていました。ところが突然、彼女の友人の男性が会社命令でアメリカに転勤することになり、彼の所有していた○○を、S子さんにほとんど捨て値同然で譲ってくれたのです。しかし、この場合、アラヤ識に思念を送り始めるという行は、一ヶ月前の私のアドバイスの時より二年前から行なわれていたことに注目してください。つまり、アラヤの中で二年という願望の熟成期間があったのです。ただ一ヶ月前からのそれは、非常に効率の良い方法を用いたので、一気にその願いが完成したという訳です。

このように、潜在意識アラヤには確かに、その人の願ったことを実現しようとする働きがあります。しかし、そのためには大切な欠くべからざる条件がまず二つあるのです。それは、

一、繰り返し考えること。

二、できるだけ細部まで、絵のように心に思い描くこと。

この二つの思考法を続けることによってのみ、アラヤ識は、その望みを受け入れてくれるのです。このアラヤ識は、たとえ頭脳の普通意識の方が眠っている時でも働き続けています。というより、あなたが誕生した瞬間より、その肉体が死ぬ日まで一瞬たりとも休むことなく活躍し続けているのです。眼、耳、口などの五官を備えさせ、手足を生やし、人間という形態を創造し、かつそれを活動せしめている根元力こそ、このアラヤ識なのです。このように、アラヤ識は、人間という個体を生じさせ、また活動させる機能を有しているのですが、その上に、特に注目せざるを得ないことは、「アラヤ識には、その人が願っていることを実現しようという働きがある」という点です。このアラヤ識の機能を意識的にしろ、また無意識の内にしろ、上手に用いた人だけが、この世の中の成功者たり得るのだ、と私は思うのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional